トップ > 近江米とは

近江米とは

お米にこだわってみませんか?近江米は母なるびわ湖と豊かな自然の恵みから生まれたおいしいお米です。

近江米とは

滋賀県でとれたお米を総称して『近江米』と呼びます。
作付の多くは『コシヒカリ』、『キヌヒカリ』、『日本晴』ですが、滋賀県が独自に育成した品種の『みずかがみ』、『秋の詩』、 『ゆめおうみ』、『レーク65』など、滋賀県では様々な品種を栽培しています。

母なるびわ湖・四方を囲む高い山々。豊かな自然に恵まれた滋賀県は米づくりに最適の環境といわれており、
その優れた品質と生産量の多さから産地として高い評価を得ています。
また、古くは江州米(ごうしゅうまい)の産地として全国に知られています。

近江米のご紹介

コシヒカリ良質・良食味の品種です。
全国的に生産されていますが、滋賀県産はやや歯ごたえがあります。
弊社の中でも取扱いが一番多く、品質・食味にこだわったお客様より好評を頂いております。
キヌヒカリコシヒカリの血を受け継いだ品種です。
炊き上がりが絹のように美しくつやがあり、コシヒカリに匹敵するおいしいお米です。
弊社の中ではコシヒカリに次いで取扱いが多く、様々なお客様から好評を頂いております。
秋の詩滋賀県で平成10年に育成された品種です。
コシヒカリと吟おうみを親として生まれ、粒が大きく粘りのあるお米です。
コシヒカリと比べ価格が安く、どんな料理にも合うため好評です。
弊社では特に外食・中食業界のお客様より高い評価を頂いております。
日本晴品質・収量とも変動が少なく、安定した品種です。
かつては日本穀物検定協会の食味試験の基準米に使用されたお米です。
粒がしっかりしていて、「酢の乗りが良い」と寿司米として好評を頂いております。
みずかがみ「ゆたかな水にかがやく実り」をキャッチフレーズにもつ近江米の新しい品種です。
滋賀66号(ゆめおうみ+ヒノヒカリ)と滋賀64号(チクブワセ+ひとめぼれ)を親として生まれた品種です。
炊上りが白く美しくつやがあり、ほどよい粘りと甘み・うまみを備えたお米です。
平成25年産米からの販売です。
近江米の新しい顔として期待されています。
ゆめおうみ滋賀県で平成10年に育成された品種です。
越南135号(日本晴系統)と滋系51号(日本晴系統)を親として生まれ、農薬使用回数を抑制でき、 環境にやさしい栽培ができるお米です。
生産量は少ないですが、量販店様を中心に好評を頂いております。
レーク65滋賀県で平成16年に育成された品種です。
ヒノヒカリとキヌヒカリを親として生まれ、品質の劣化が少なく粘りが強いお米です。
生産量は非常に少なく、希少銘柄として好評を頂いております。
滋賀羽二重糯昭和13年に育成されて以来、最高の評価を受けているもち米です。
粘り・伸びの良さ・こしの強さが特徴で、大変のどごしの良いもち米です。
冷めても硬くなりにくく、お赤飯にも良く合います。
品質にこだわった和菓子などに多く使用されています。


近江の環境こだわり米

滋賀県の中央部には、面積の約6分の1を占めるびわ湖があり、近畿1400万人の水源となっています。
そのため、びわ湖を抱える滋賀県では、慣行栽培(通常栽培)の基準自体が全国と比べて厳しくなっています。
その慣行栽培の基準よりもさらに厳しい基準で栽培しているのが『環境こだわり米』です。

滋賀県では、びわ湖をはじめ環境への負荷を減らすために、『環境こだわり農業推進条例』を制定し、 環境に配慮した農業に取組んでいます。
より安全で安心な農産物を消費者へ供給するとともに、環境と調和のとれた農業生産の確保を図り、 本県農業の健全な発展と、びわ湖等の環境保全に資することを目的として、平成15年3月に滋賀県が制定したものです。


環境こだわり農産物(水稲)はこんなに厳しい栽培基準です

化学合成農薬の使用量を通常使用量の半分以下、のべ7成分以下にしています
 ・育苗~収穫までの全期間を対象にします。
 ・2種混合剤を使えば2成分に、同じ農薬でも2回使えば2成分に数えます。

化学肥料(窒素成分)を通常使用量の半分以下、4kg/10a以下にしています
 ・土づくりを基本にして、有機入り肥料であっても、その中に含まれる化学肥料成分を厳しくカウントします。

びわ湖をはじめ環境にやさしい栽培技術を取り入れています
環境こだわり農産物認証マーク ・「水田から濁水を流出させない」、「環境に配慮して農薬を使用する」、「使用済プラスチックを適正に処理する」の3つの技術を必須に、緩効性肥料や水田ハローの利用などを組み合わせて栽培しています。

どのように栽培されたかが記録されています
 ・播種・定植・収穫の作業や、使用農薬・肥料が記録されています。
 ・栽培ほ場には看板が設置され、農家の取組が公表されています。



温湯で種子を消毒します

水田ハローによる浅水代かき

肥料の流出を軽減する施肥田植機



研がずに炊けるBG無洗米

無洗米キャラクター 「うまみちゃん」

無洗米とは
研がずに炊けるお米です。
普通精米は玄米から胚芽とヌカを取除いていますが、表面には粘着性のある肌ヌカが残っているため、研ぎ洗いが必要です。
無洗米は普通精米から肌ヌカをあらかじめ取除いているので、研ぎ洗いの必要がありません。

※肌ヌカ・・・普通精米の表面に残っている粘着性の強いヌカのことです。
         普通精米を研ぐと水が白くにごるのは、肌ヌカが水に溶けているためです。
BG無洗米とは
肌ヌカの粘着性を利用し、ヌカでヌカをとるBG製法(Bran=ヌカ、Grind=削る)によって生まれたのが『BG無洗米』です。
無洗米を製造するときに水を使わないので、海や川を汚しません。

『BG無洗米』は便利!
 水を入れて炊飯のスイッチを押すだけで簡単にごはんができあがります。

『BG無洗米』は経済的!
 (1)水と時間を節約できます
  3合(約450g)のお米を洗うのに約4.5リットルの水を使います。
  1日3合のお米を炊くと、1年間で2リットルのペットボトル約828本分の水を節約できます。
  ※全国無洗米協会調べ
 (2)たくさん食べれます
  普通精米は5kgの商品でも約3%(0.15kg)の肌ヌカが付いているので、実際に食べられるお米は約4.85kgになります。
  BG無洗米は肌ヌカをあらかじめ取除いているので、5kgのお米を全部食べることができます。

『BG無洗米』は栄養があっておいしい!
 (1)栄養の流出がありません
  研ぎ洗いをすると、お米に含まれる水溶性ビタミン(ビタミンB1、ナイアシン)もとぎ汁と一緒に流れてしまいます。
  無洗米なら水溶性ビタミン(ビタミンB1やナイアシン)は失われず、普通精米と比べると約2倍多くなります。
   ※(財)日本食品分析センターH13.7.17
 (2)うまみ層がきれいに残りおいしいです
  研ぎ洗いをすると肌ヌカは残りやすく、お米の表面にあるうまみ層は損なわれがちです。
  BG無洗米はうまみ層を損なわず、肌ヌカをきれいに取除いているのでおいしいです。

『BG無洗米』は環境にやさしい!
 (1)海や川を汚しません
  家庭でも工場でもとぎ汁を出さないので海や川を汚しません。
 (2)CO2を減らせます
  とぎ汁を下水処理するエネルギーより無洗米を作るエネルギーはずっと少なく、CO2を減らせます。
 (3)リサイクルできます
  製造工程で取除かれた肌ヌカは「米の精」と呼び、すべて有機肥料・飼料として活用されます。