トップ > おいしいご飯の食べ方

おいしいご飯の食べ方

おいしいごはんの炊き方

《普通精米の炊き方》
(1)計量  計量は正確に!
・計量カップやマスを使用する場合は、必ず「すり切り」をして計量しましょう。

(2)洗米  洗米はすばやく!
・はじめは水を一気に注ぎ、軽くかき混ぜすばやく水を切って下さい。
※すばやく水を切ることで、ヌカの溶けた水を吸収させないようにします。
※お米はとても水を吸収しやすく、乾燥した状態から水をかけたときに特に水を吸収します。

・水が透き通る程度(2~3回)やさしく洗米して下さい。
※力を入れすぎると、お米が傷ついたり割れたりします。
また、うまみ・風味も失われてしまいます。
※精米技術が向上している為、昔のように力を入れてこするようにして洗う必要はありません。

(3)水加減  水加減は正確に!
・炊飯器で炊く場合、基本は目盛に合せて下さい。
・お好みに合わせ水加減を調整して下さい。
※水加減は、お米の量や、炊飯の環境により若干異なります。
《無洗米の炊き方》
・無洗米専用カップを使用して下さい。
・専用カップがない場合は、計量カップを使用し水を多くして下さい。
・必ず「すりきり」をして計量しましょう。

・洗米の必要はありません
※水が白くにごる場合がありますが、デンプンが水に溶けているだけなので、洗米の必要はありません。



・専用カップを使用した場合は、炊飯器の目盛に合わせて下さい。
・計量カップを使用した場合は、1杯につき約大さじ2杯の水を加えて下さい。

(4)浸漬(浸水)  浸漬はたっぷりと!
・お米の芯までじゅうぶんに水を浸透させるため、必ず浸漬(浸水)をして下さい。

・夏であれば30分、冬であれば1時間、春・秋は40分~50分が目安です。
 (季節により水温や気温に差があるため、時間を調整する必要があります。)
※お米の芯までたっぷりと水を浸透させることで、ふっくらとしたごはんになります。
※時間が無い時は、ぬるま湯で炊くと吸水が早くなりおいしく炊けます。
 10分でも浸漬(浸水)をすればよりおいしく炊けます。

(5)炊飯  お米は平らに!
・加熱する前に必ずお米の表面を平らにして下さい。
※お米の表面を平らにすることで、炊きムラのないおいしいごはんになります。

(6)蒸らし  蒸らしはじゅうぶんに!
・ごはんが炊上ったら、そのまま約15分間蒸らします。
※現在の炊飯器の多くは蒸らし機能がついているので、すぐにふたを開けても大丈夫です。

(7)ほぐし  ほぐしはふっくらと!
・しゃもじでごはんをつぶさないようにふっくらとほぐします。
※ほぐすことで、ごはんの余分な水分をとばし、よりおいしいごはんに仕上がります。
 また、炊飯器の中のおいしさのムラを均一にします。
※すぐに食べずに保温する場合も必ずほぐして下さい。蒸気がこもりごはんが水っぽくなります。

さらにこだわりたい方におすすめ

・洗米時に冷蔵庫で冷やした水を使うと、よりおいしいお米に炊き上がります。
 ※冷たい水を使うことで吸水率が低くなり、水に溶けたヌカを吸収しにくくなります。
・洗米時・浸漬時に、ミネラルウォーターやアルカリイオン水を使うと、よりお米のおいしさが際立ちます。
 ※もったいないですが、洗米時に多くの水を吸収しますので、洗米時の使用もおすすめします。
・炊きたてのごはんを「おひつ」に移し、軽くほぐして下さい。お米が空気に触れ余分な水分がとび、さらにうまみが増します。
・炊飯器での保存は水分が蒸発しがちです。ごはんが残ったらすぐに冷凍庫や冷蔵庫へ移して下さい。
 レンジで温めなおすと、炊きたての風味が味わえます。

お米の上手な保存方法

お米は生きています。
お米を形成している「でんぷん」、「たんぱく質」、「脂肪」等は、どの成分も貯蔵中に変化しやすく、 特に高温多湿に弱いと言われています。
おいしくお召し上がりいただくため、次の事項に注意して保管をして下さい。

(1)お米の保管容器はいつも清潔にして下さい。
新しいお米を入れるたびに、内部をこまめにそうじして下さい。
※ヌカ等が付着していると虫・カビの発生の原因になります。


(2)直射日光を避け、できるだけ涼しい場所で保管して下さい。
※お米は高温に弱く、品質が劣化します。


(3)湿度の高い所での保管はさけて下さい。
※お米の袋には、空気を通す穴が必ずあいています。
湿気の侵入はカビの発生の原因になります。


(4)冷蔵庫などで保管する場合は、結露現象が生じないよう注意して下さい。
※お米の袋には、空気を通す穴が必ずあいています。
 結露による水濡れは、カビの発生の原因になります。
※密封された容器での保管をおすすめします。


(5)臭いを吸収しやすいので、臭いの強い洗剤・芳香剤・石油等の側には置かないで下さい。
※冷蔵庫などで保管する場合も、臭いを吸収しますので密封された容器での保管をおすすめします。